※この記事はトカプチ雄大空間の調査事業で制作されたものです。
※ この投稿は HOTEL NUPKA に宿泊いただいたお客様による寄稿記事です。

 

こんにちは。東京で無農薬野菜を栽培しながら、飲食店を経営している小野かおりです。

あっちゃん(彼氏)と毎月のようにふらりと旅に出てるけれど、十勝を訪れるのはこれがはじめて。一週間の北海道旅行。ちょうど札幌雪まつりの時期だから、札幌もチラりと立ち寄り、ゆっくりと過ごしたいので道東へと向かうことに。

札幌駅からは、シートも快適な高速バスのポテトライナー(さすがじゃがいも王国!)号に乗って移動。

濃厚な十勝体験のはじまりはじまり。

今回訪れた帯広のメインの一つは、数年前、友人が古いホテルを改築し、十勝を楽しむ拠点を作るのに携わったと聞いたこと。その拠点となるのが 今回の宿泊先、JR帯広駅前から徒歩3分のHOTEL&CAFE NUPKA(ホテルヌプカ)

十勝滞在1日目

到着後、まずはチェックインのためホテルに向かう。

扉を開けると


  

ふわっと良い香りと暖かな空気。

思ってた通り!♪ 居心地の良さそうな場所! 来てよかったー♪ すでに気持ちがUP!

薪ストーブや本棚が並び、そしてカフェやビール、食事を楽しめるスペースがあり、人々が団らんし、繋がる感じが伝わる。
 
荷物を置いて、まずは、冬の間JR帯広駅前に登場するというスケートリンク『TOKACHI ICE PARK』に行ってみる。 

スケートは、小さいころによくやっていたけど、数十年ぶり。ワクワク♪

なんとスケートリンク使用料は無料(*^^*)で、スケート靴のレンタルだけで気軽に使える。 さすが北海道! でも足、ガクガク(笑)。

小腹が空き、友人と合流した後、車で連れて行ってもらったのが 十勝の小麦を100%使用しているパン屋さんの『麦音』。


 

沢山の種類に迷うー! イートインのスペースがあり、私たちはビニールハウスの中を選ぶ♪

そしてなんと飲み物はサービス☆ これまた北海道の心の豊かさを感じる。

ビニールハウスの周囲にも庭が広がり、子供たちも喜びそう!

お腹が満たされ、次に車で向かうは『帯広競馬場』。

大きなばん馬が走るばんえい競馬があるのは、今では世界中でここだけなのだそう。

馬を見たり、さわったりするだけでも楽しい。

けど、もちろん賭けます!!!

通常の競馬と一緒で100円から賭けることができ、何といっても真剣さとドキドキ感が思いっきり変わります。まじ真剣。

普通の競馬と違うのは、ばん馬たちが、時には1トンもある橇(そり)を曳いていること。騎手は、パドックでは騎乗するけれど、レース中は橇に乗り馬を操作する。

だから、途中で数回止まって休みを入れます。知らなかった!

結局、『ばんえい十勝』到着から、最終レースまでやめることできず、、、賭け続けました(笑)。

あー、楽しかった♪

いったんホテルに戻り、

ホテルヌプカ 1Fラウンジにあるカフェで、十勝産大麦麦芽100%を使用した地ビール、『旅のはじまりのビール』でカンパーイ☆

あまりに居心地よく、1杯のつもりがおかわり。

なんとも幸先の良い旅のはじまりです。

夜ごはんは、「ジンギスカン食べたーい!」

ってことで帯広やその周辺で、子供から大人まで大人気の焼き肉屋さん、平和園へ(*実は翌日も行きました(笑))。宿から歩いて数分です。

焼きます♪焼きます♪

うまーい💛。

しかもな、な、なんと。 お値段お安―い!!!!
 
ジンギスカン定食560円。 きゃー!!!ありえーん!

飲み物は、おすすめされた『十勝ワイン』のロゼでロゼロック

しかもよく見ると、町民用(笑)!!! グラスはジョッキに氷???

これが合うのよーとお店の方。

テンションMAX!

がぶ飲み必須。 一人1本はいけます!

盛りだくさんの1日目。 バタンキュー。

 

十勝滞在2日目

朝は、NUPKAの別棟ラウンジNUPKA ONNAY(ヌプカ オンナイ)でゆっくり。

珈琲飲んだり、本読んだりとくつろげるスペースで、しばし今日のプランをたてる。


   
出発して歩いて向かうのは、六花亭本店
  
こちらの本店でしか味わえないお菓子なんかをつまみぐい。

どれも美味しい!!!💛そして、こちらでもコーヒーのサービスあり。

ありがとう!

今日は車で鹿追町へと向かいます。 まず、到着したのは然別湖の氷の上の村『然別湖コタン』。

幻想的な風景。

これは冬でないと味わえない醍醐味
 

氷のベッドに横になったり、

ICE BARでお酒を頼んだり、シロクマ(ヒグマかな?)もいます。

どんなに寒いんだろうと思ったけど、ちゃんと装備していれば全然大丈夫!

どんどん冬の北海道に惹かれていきます。

道路もとっても美しい風景が続きます。

写真は、十勝牧場の白樺並木

冬季は展望台がクローズしているので、他の季節にまたチャレンジしたい。

続いて到着したのは、犬ぞりを体験できるMUSHING WORKS(鹿追町)さん。

今回は、予約がいっぱいででしたが、特別に見学させていただきました。

スタート前の犬たち 凛々しい

雪の草原を走り抜けます!
気持ちよさそう!

ここにはかわゆーいお馬さん達もいて、こんなに懐っこい♡

北海道は動物との距離感が近いのも特徴かな。

十勝は温泉も豊富。

世界的にも希少なモール温泉があります。一日の疲れを、日帰り入浴ができる丸美ケ丘温泉(音更町)で、しっとりとしたお湯が身体をほぐしてくれます。

帯広の夜2日目はJR帯広駅から徒歩5分小さなお店が並ぶ路地 北の屋台へ。

アイヌ料理も味わえる ポンチセにて。


 
お店のオーナーさんはハーフアイヌ人 楽しい会話がはずみます。


 
ギューギューに楽しんだ2日間でした。

帯広よ、北海道よ。
ありがとう!
また絶対来るねー。

今回訪れたスポット

  • HOTEL&CAFE NUPKA
  • TOKACHI ICE PARK
  • 麦音
  • ばんえい競馬
  • 平和園 東銀座店
  • NUPKA ONNAY
  • 六花亭 帯広本店
  • しかりべつ湖コタン
  • 十勝牧場の白樺並木
  • MUSHING WORKS
  • 北の屋台
  • ポンチせ